ねことここちよく暮らす

ご当地ねこ

京都のねこ (アメちゃん/喫茶とヴィンテージ雑貨 サイドロップ)

012_side2

ひょうきん者で賢いアメちゃんは、遊びたい盛りのお年頃。

看板ねこ・アメちゃんは、 今日もお気に入りのおもちゃを加えて店内を駆け回ります。
天真爛漫でひょうきん者のアメちゃんに、ねこ好きのお客さまもメロメロです。

002_side-200x300『サイドロップ』は、2012年10月にオープンした喫茶&ヴィンテージ雑貨ショップ。先代のねこを26歳7カ月で亡くしたオーナーのケイコさんが、京都でも看板ねこで有名な喫茶店『逃現郷』から引き取ったねこがアメちゃんです。

3カ月のころからお店に出勤していたアメちゃんは、お客さまが多い時間は静かに、少なくなると店内を所狭しと駆け回るそう。ケイコさんが購入した子ども用滑り台の上から滑り落ちてきては、得意そうな顔をして見せます。反対に「失敗した時は機嫌が悪い(笑)」とケイコさん。

「この間も、外にいる鳩を追いかけて網戸に張り付いたまま下りられなかったんですよ(笑)。ひょうきん者なので見ていて飽きないです」

ケイコさんだけでなく、お客さまも笑顔にする接客上手なアメちゃん。定休日でも「店へ行こう」とケイコさんを誘い、自分でドアを開けて階下のお店に降りていくほど。「段ボールを見ると理性が飛ふ」というアメちゃんですが、店内にディスプレーされた商品にいたずらすることもなく、危険な厨房にも入らないという、賢い一面もあります。

のんびりした時間を過ごせる『サイドロップ』。その看板ねことして、評判はますます高まるばかりです。

【DATA】
喫茶とヴィンテージ雑貨 サイドロップ
京都府京都市中京区壬生西土居ノ内町 22
Tel:075-925-8009
営業時間:9:00 〜 21:00
定休日:火曜、第 1日曜
http://www.saidrop.com/

  • SNSでシェア:
『ねこ』 #102 (2017年5月号)
最新号 「犬と暮らすねこ」

一説によると日本にねこが定着し始めたのは奈良が都だった時代と言われているそう。
その説の真偽はさておき、毎年「にゃらまち猫祭り」が行われることからも分かるように、奈良にはねこ好きが多いようです。
そこで、今回は、ねこ好きたちが生んだ、奈良のねこ文化の一端を覗いてみましょう。

詳細を見る
1、4、7、10月の 各12日発売