ねことここちよく暮らす

ご当地ねこ

湘南のねこ (ヒメちゃん/KALAMA Glass Art Studio)

bnr

家族に迎えたねこが縁となってねこ好きとの交流も活発に

ステンドグラス作家・石井千晶さんの工房には、美しい色ガラスで作られたアート作品とともに、愛くるしい表情で佇むヒメちゃんがいます。

ph01少し茶色の混じったサバ柄とつぶらな瞳が愛くるしいねこの名はヒメちゃんです。飼い主の石井千晶さんは、ステンドグラス作家として茅ヶ崎を拠点にオリジナル作品を作る傍ら、ご自宅の一部をワークショップとして開放し、たくさんの方たちにステンドグラスの楽しさを教えています。

 

 

 

石井さんとヒメちゃんとの出会いはペットショップで行われた譲渡会でした。ヒメちゃんは姉弟ねこ3匹とともに段ボール箱に捨てられていたそうで、石井さんはその3匹の中から一目惚れしたヒメちゃんを家族に迎えました。これまで犬しか飼ったことのなかった石井さんにとって、初めてのねことの生活は戸惑いや驚きもある一方で、楽しさもいっぱいだといいます。

現在、ほぼ毎日、ワークショップを開催しているという石井さん。生徒さんの中には、ヒメちゃん目当てに訪れる方も多いそう。石井さんはヒメちゃんのお昼寝スケジュールを最優先しつつも、出来る限り、生徒さんの要望に応えるようにしているそうですが、それでも「絶対に会えるとは限らないですから(笑)」と必ず一言添えるといいます。

ヒメちゃんを通じて、ねこ好き同士の交流も盛んになり、石井さんのネットワークがますます広がっています。

欧米が主流のステンドグラスの世界。石井さんはアメリカ・シアトルに留学し、オリジナルガラスの作り方を学んだそう。

石井さんはオリジナルのアート作品も多数手掛けています。

お出かけ用のバックの中にすっぽり納まるヒメちゃん。実は男の人がちょっぴり苦手なんだとか。

【DATA】

KALAMA Glass Art Studio
神奈川県茅ヶ崎市東海岸南
Tel:0467-88-5936
http://www.seachiaki.com/

※ワークショップ開催日程はブログでチェックしてください。
http://chigasaki134.blog112.fc2.com/

  • SNSでシェア:
『ねこ』 #104 (2017年11月号)
最新号 「京都のねこ」

今号は久しぶりに秋の京都へ。風情溢れる街並みを 観光で賑わう人々の合間をぬって、ねこを探して歩きます。 おっと、いきなり美猫に遭遇。ねこが似合う街・京都で かわいいねことの出会いに胸がワクワクしてきます。

詳細を見る
1、4、7、10月の 各12日発売