ねことここちよく暮らす

世界のねこ図鑑

No.050
起源 : 
1960年代
体重 : 
2.5~5kg
原産国 : 
米国
気質 : 
活発で好奇心が旺盛
手入れ : 
ほとんど必要なし
原種 : 
ブラックのアメリカン・ショートヘアとセーブル・バーミューズ
異種交配種 : 
なし
別名 : 
かつては「レパーデット」と呼ばれていた

No.050 ボンベイ

◎ 歴史
1950年代にケンタッキーのブリーダー、ニッキ・ホーナーが、ブラックのアメリカン・ショートヘアとセーブル・バーミューズから「小型のブラックパンサー」を作ろうと試みた。そして、1960年代、光沢のあるブラックの被毛と筋肉質なボディ、丸い頭、カッパーの眼を持つ猫、つまりこのボンベイが誕生した。公認されたのは1976年のことである。ボンベイは、何年もたつにつれて、バーミューズとは異なる容姿に分化し、もはや「黒いバーミューズ」ではなくなった。現在もボンベイからは稀に、セピアのポインティングのあるセーブル・ブラウンの子猫が生まれる場合がある。
◎ 特徴
漆黒のエナメル皮のような被毛と独特の可愛らしい声、社交的な性格をした堂々たる猫である。原種であるバーミューズと同じく、ボンベイも人なつこい猫。いつもぬくもりを求めていて、人間の膝の上でくつろぐのが大好きである。被毛はほとんど手入れする必要がなく、時々セーム皮や手で撫でつけてやれば、その光沢ときめは保てる。輝くカッパーの眼は、年齢とともに薄れたりグリーンがかったりするので、スタンダードをパスするのは難しくなる。ボンベイは多産だが、北米を除く地域では珍しい猫種である。
(出展)弊社ネコ・パブリッシング発行「フォーグル博士のCATS」より抜粋
  • SNSでシェア:
『ねこ』 #103 (2017年8月号)
最新号 「南の楽園・奄美大島のねこ」

世界自然遺産登録を目指す奄美大島。亜熱帯の木々が生い茂る山と どこまでも透明な海が広がる楽園・奄美大島で、 伸び伸びと暮らすねこと穏やかに暮らす人々に会いに行きました。 自然と人とねこに優しくなれる島・奄美大島へ「いもーれ!」。

詳細を見る
1、4、7、10月の 各12日発売