ねことここちよく暮らす

世界のねこ図鑑

No.046
起源 : 
1955年
体重 : 
3~5kg
原産国 : 
イギリスとアメリカ
気質 : 
ペルシャとシャムの気質を兼ね備えた、陽気でおすましな性格
手入れ : 
白い毛が長くたっぷり生えているので、抜け毛が部屋に散らからないように掃除に便利なフローリングの床が最適
発生型 : 
人為的発生
原種 : 
ペルシャとシャムの交配
異種交配種 : 
なし

No.046 ヒマラヤン

◎ 歴史
長くてゴージャスな被毛とずんぐりした体形はペルシャ猫、ポイントカラーの毛色(耳、口元、足の先、尻尾の体の先端部分にだけ濃い毛色がつく)とブルーの目色はシャム猫というように、両極端の猫種の組み合わせはまさに夢の猫の誕生。この新しい猫種を作出する試みは1920年代にスタートしているが、それ以前にもフランス、ドイツなどヨーロッパ各地にこのヒマラヤンに近い猫種がいたことが記録されている。数多くの人々がチャレンジしたが、この夢の猫の作出に初めて成功したのは、1930年代の初期、アメリカのコップ女史でそれを引き継いでイギリスのウェップ氏が1938年にカラーポイントの長毛猫、すなわちヒマラヤンの基礎になる猫を誕生させた。第二次世界大戦では繁殖計画も中断したが、約20年間にわたり、多くのブリーダーによって改良は続けられて、1950年代になってイギリスとアメリカの猫のクラブで新しい猫種として公認されている。初代のアメリカンチャンピオンに選ばれたのは、ゴーフォース女史の繁殖した「ラクチーター」という名前の猫で、彼女により「ヒマラヤン」の名称が提唱された。現在では、ペルシャ猫の毛色の中の1部門のヒマラヤンとして認められている。
◎ 特徴
透きとおる青い目、シャムのポイントカラーをもつ長い被毛の猫の作出は実現された。今日では短い胴体、まん丸の顔もまったくペルシャ猫となり、ペルシャ猫のヒマラヤン部門として認められている。
(出展)弊社ネコ・パブリッシング発行「フォーグル博士のCATS」より抜粋
  • SNSでシェア:
『ねこ』 #103 (2017年8月号)
最新号 「南の楽園・奄美大島のねこ」

世界自然遺産登録を目指す奄美大島。亜熱帯の木々が生い茂る山と どこまでも透明な海が広がる楽園・奄美大島で、 伸び伸びと暮らすねこと穏やかに暮らす人々に会いに行きました。 自然と人とねこに優しくなれる島・奄美大島へ「いもーれ!」。

詳細を見る
1、4、7、10月の 各12日発売