ねことここちよく暮らす

世界のねこ図鑑

No.045
起源 : 
1990年代
体重 : 
4~8kg
原産国 : 
イエネコ、推定によればボブキャット
気質 : 
おとなしく、愛情深い
手入れ : 
ほとんど必要なし
異種交配種 : 
ブラウン・タビーの雑種

No.045 ピクシーボブ

◎ 歴史
ピクシーボブは、野生のボブキャットと農村で飼われているイエネコとの交雑から生まれたと考えられているが、DNAを調べたかぎりでは、その事実は確認できていない。1985年、ワシントン州のキャロル・アン・ブリューワがそうしたハイブリッド2匹を交配させて生み出したがのが、この猫種の原型である。それから約10年後、ピクシーボブはTICAに公認されたが、北米以外では知られていない。
◎ 特徴
野生のネコ科がそのままイエネコのサイズに縮小されたような猫種で、ここ20年間で次第に人気が広まった。その結果、北米のブリーダーたちが野生のボブキャットとよく似た猫を生み出すのに至ったのである。見かけは野性的でも、忠犬のような気質の持ち主といわれている。この猫を飼おうとする人は、まず、ピクシーボブが飼い主が変わるのを嫌がること、そして飼い主の愛情を独り占めできる「一人っ子」として飼われるのを無上の喜びとすることを十分に考慮しなくてはならない。
(出展)弊社ネコ・パブリッシング発行「フォーグル博士のCATS」より抜粋
  • SNSでシェア:
『ねこ』 #103 (2017年8月号)
最新号 「南の楽園・奄美大島のねこ」

世界自然遺産登録を目指す奄美大島。亜熱帯の木々が生い茂る山と どこまでも透明な海が広がる楽園・奄美大島で、 伸び伸びと暮らすねこと穏やかに暮らす人々に会いに行きました。 自然と人とねこに優しくなれる島・奄美大島へ「いもーれ!」。

詳細を見る
1、4、7、10月の 各12日発売