ねことここちよく暮らす

世界のねこ図鑑

No.043
起源 : 
1950年代
体重 : 
2.5~4.5kg
原産国 : 
英国と米国
気質 : 
優しく、社交的
原種 : 
チョコレート、ポイント・シャム、ブラックの飼い猫、ロシアンブルー
異種交配種 : 
なし
別名 : 
なし

No.043 ハバナ・ブラウン

◎ 歴史
1950年代、英国のブリーダーはシャム・タイプのソリッド・チョコレートを生み出した。この色はハバナと呼ばれていたが、英国でチェスナット・ブラウン・フォーリンとして猫種登録されている。ハバナ・ブラウンは米国に輸出、品種改良され、現在の北米のハバナ・ブラウンの前身とされているクインズ・ブラウン・サテン・オブ・シドロが生まれた。米国に輸入され続けたこの猫種は、CFAがオリエンタル・ショートヘア種を認定する1973年までは、ハバナ・ブラウンとして猫種登録されていた。これ以降に輸入されたものは、チェスナット・オリエンタル・ショートヘアとして登録されている。皮肉にも北米でチェスナットと呼ばれているオリエンタル・ショートヘアが、現在、英国ではハバナと呼ばれ、混乱を引き起こしている。
◎ 特徴
美しく優雅な外貌を持つハバナ・ブラウンは、とても活動的な猫種である。屋内で飼われているハバナは、オリンピック競技並みのかくれんぼや、家具の後ろから飛び出して人間を驚かす遊びが大好きで、よじ登りの達人でもある。この猫の原種はオリエンタル・ショートヘアと同じだが、ロシアンブルーと似た容姿に品種改良された。ハバナ・ブラウンは中くらいのサイズとしては、立ち上がると背が高く、大きさの割に体重の重い猫である。子猫と若猫には、年齢とともに消える薄いタビー模様があり、ムラのない豊かなシェードのブラウンは、マホガニー色に近い色調へと成長する。
(出展)弊社ネコ・パブリッシング発行「フォーグル博士のCATS」より抜粋
  • SNSでシェア:
『ねこ』 #103 (2017年8月号)
最新号 「南の楽園・奄美大島のねこ」

世界自然遺産登録を目指す奄美大島。亜熱帯の木々が生い茂る山と どこまでも透明な海が広がる楽園・奄美大島で、 伸び伸びと暮らすねこと穏やかに暮らす人々に会いに行きました。 自然と人とねこに優しくなれる島・奄美大島へ「いもーれ!」。

詳細を見る
1、4、7、10月の 各12日発売