ねことここちよく暮らす

世界のねこ図鑑

No.040
起源 : 
1986年
体重 : 
2.5~5kg
原産国 : 
米国
気質 : 
内気
手入れ : 
毎日必要
原種 : 
ロシアン・ブルー
異種交配種 : 
ロシアン・ブルー

No.040 ポネーベロング

◎ 歴史
100年以上前、ロシア原産のブルーの短毛種と長毛種の猫がショーに出陳された。短毛種はロシアン・ブルーという名前で知られるようになったが、長毛種は独立した猫種にはならなかった。1986年に、この猫種の復活の父となったジークフリートと同腹の長毛種の妹猫との交配によって、長毛種のブルーの子猫が生まれました。1987年にはTICAが、さらに1993年にはTCAがネーベロングを猫種として認定した。
◎ 特徴
シルバー・ティップドのブルーの毛が、この猫種に輝くような優雅さを与えている。この猫を覆うガードヘアから反射する光が、もやのような輝きを作りだすのである。セミロングの毛を毛並みに逆らって撫でると、ガードヘアをダウンヘアの毛幹までソリッドのブルーの地色であることが分かる。「霧の子」という意味のドイツ語を名前に持つこの新種は、ロシアン・ブルーの「失われた」長毛種の血統から作りだされた。
(出展)弊社ネコ・パブリッシング発行「フォーグル博士のCATS」より抜粋
  • SNSでシェア:
『ねこ』 #103 (2017年8月号)
最新号 「南の楽園・奄美大島のねこ」

世界自然遺産登録を目指す奄美大島。亜熱帯の木々が生い茂る山と どこまでも透明な海が広がる楽園・奄美大島で、 伸び伸びと暮らすねこと穏やかに暮らす人々に会いに行きました。 自然と人とねこに優しくなれる島・奄美大島へ「いもーれ!」。

詳細を見る
1、4、7、10月の 各12日発売