ねことここちよく暮らす

世界のねこ図鑑

No.040
起源 : 
1986年
体重 : 
2.5~5kg
原産国 : 
米国
気質 : 
内気
手入れ : 
毎日必要
原種 : 
ロシアン・ブルー
異種交配種 : 
ロシアン・ブルー

No.040 ポネーベロング

◎ 歴史
100年以上前、ロシア原産のブルーの短毛種と長毛種の猫がショーに出陳された。短毛種はロシアン・ブルーという名前で知られるようになったが、長毛種は独立した猫種にはならなかった。1986年に、この猫種の復活の父となったジークフリートと同腹の長毛種の妹猫との交配によって、長毛種のブルーの子猫が生まれました。1987年にはTICAが、さらに1993年にはTCAがネーベロングを猫種として認定した。
◎ 特徴
シルバー・ティップドのブルーの毛が、この猫種に輝くような優雅さを与えている。この猫を覆うガードヘアから反射する光が、もやのような輝きを作りだすのである。セミロングの毛を毛並みに逆らって撫でると、ガードヘアをダウンヘアの毛幹までソリッドのブルーの地色であることが分かる。「霧の子」という意味のドイツ語を名前に持つこの新種は、ロシアン・ブルーの「失われた」長毛種の血統から作りだされた。
(出展)弊社ネコ・パブリッシング発行「フォーグル博士のCATS」より抜粋
  • SNSでシェア:
『ねこ』 #105 (2018年2月号)
最新号 「上野~谷根千のねこ」

今号は、“ねこの聖地”ともいわれている谷中やレトロな街並みが楽しめる根津、千駄木と、パンダ誕生で賑わう“上野”を訪ねました。上野~谷根千は都内でも有数の散歩スポット。歴史あるお寺や神社、公園などが数多く、ねこにまつわるお店も多数。さらに、細い路地やお寺の境内では悠々と歩くねこの姿を見ることもできます。ねこ好きにはたまらない上野~谷根千エリアでのんびりねこ散歩を楽しみましょう。

詳細を見る
1、4、7、10月の 各12日発売