ねことここちよく暮らす

世界のねこ図鑑

No.038
起源 : 
1960年
体重 : 
2.5~4kg
原産国 : 
英国
気質 : 
かわいらしい道化者
原種 : 
野生の猫、飼い猫
異種交配種 : 
1988年まではブリティッシュ・ショートヘアとアメリカン・ショートヘア
別名 : 
ニックネームとして「プードル・キャット」

No.038 デボン・レックス

◎ 歴史
1960年、イングランド南西部のデボン州の古い鉱山の近くで、ベリル・コックスという女性が1匹の縮れ毛の雄猫を見つけた。地元の雌猫とこの猫との間に生まれた子猫の中に1匹だけ縮れ毛の劣性遺伝子の子猫がいた。子猫の親たちが互いに近縁関係にあったことはほぼ確実で、デボン・レックスの誕生・定着のために同系交配が必要だったのである。コックス夫妻は、この猫の数匹のコーニッシュ・レックスの雌と交配を試みたが、子猫はみな直毛だった。デボン・レックスの遺伝子はコーニッシュとは別の突然変異で別個のタイプとして作出された。
◎ 特徴
はっとするような印象的な眼、低い位置から伸びる際立った大きな耳が特徴のこの猫は、小さな妖精のような風貌の持ち主である。被毛は、コーニッシュ・レックスの強い巻き毛とは違い、細やかに波打っている。厳しい選択繁殖により、被毛の質は著しく向上した。現在では、成猫の被毛になるのに4ヵ月しかかからず、しかもパッチ模様が入ることはまずない。1960年代にペルシャを含む様々な猫種との異種交配が行われたため、時に長毛種が誕生することがある。この猫種の被毛は人間にアレルギーを起こさせないと言われているが、100%の保障はない。デボンが退屈そうにぼんやり座っていることなどまずない、といのがブリーダーたちの一致した意見である。生活の中に常に楽しみを見つけ出す。こんな性格と被毛の特徴から、この猫は「プードル・キャット」とも呼ばれている。
(出展)弊社ネコ・パブリッシング発行「フォーグル博士のCATS」より抜粋
  • SNSでシェア:
『ねこ』 #103 (2017年8月号)
最新号 「南の楽園・奄美大島のねこ」

世界自然遺産登録を目指す奄美大島。亜熱帯の木々が生い茂る山と どこまでも透明な海が広がる楽園・奄美大島で、 伸び伸びと暮らすねこと穏やかに暮らす人々に会いに行きました。 自然と人とねこに優しくなれる島・奄美大島へ「いもーれ!」。

詳細を見る
1、4、7、10月の 各12日発売