ねことここちよく暮らす

世界のねこ図鑑

No.037
起源 : 
1970年代
体重 : 
3.5~6.5kg
原産国 : 
英国
気質 : 
活発で愛情深い
手入れ : 
適度に必要
異種交配種 : 
バーミューズとチンチラ
原種 : 
バーミューズとチンチラの交配種

No.037 ティファニー

◎ 歴史
ティファニーは本質的には長毛種のバーミューズで、エイジアン・グループの中では唯一の長毛種である。1981年にロンドンで、ミランダ・フォン・キルヒベルク男爵夫人が飼っていたチンチラのロングヘアとライラックのバーミューズが偶然に交配されて、このグループは生まれた。雑種第1世代は短毛種のシェーデッド・バーミラだったが、その後の交配で、必然的に劣性の長毛の遺伝子とセピアのポイントの遺伝子で発現した。このグループはバーミューズのブリーダーたちの手を借りて生み出されたので、現在でもバーミューズとは厳密に区別されている。しかし、エイジアン・グループには異なる2つの流れがある。F.I.Fe'の猫はGCCFの猫と同じ血統を受け継いでいるが、英国では現在さらに多様な血統が採用されている。
◎ 特徴
北米原産の同じ名前の猫種と混同されることがあるが、実際はこの猫種とは何の関係もない。本質的には長毛種のエイジアンで、きちんとした記録がある繁殖プログラムよってチンチラのロングヘアとバーミューズから作り出された。長毛種のチンチラからは被毛のみを受け継ぎ、体の形態はバーミューズである。2つの親種の特徴を合わせた素晴らしい気質の持ち主で、平均的なロングヘアより活発だがバーミューズよりは控えめである。スタンダードでは気質の良さに重点が置かれている。穏やかで被毛の手入れも楽なティファニーが、幅広い人気を得るのは当然といえるだろう。
(出展)弊社ネコ・パブリッシング発行「フォーグル博士のCATS」より抜粋
  • SNSでシェア:
『ねこ』 #103 (2017年8月号)
最新号 「南の楽園・奄美大島のねこ」

世界自然遺産登録を目指す奄美大島。亜熱帯の木々が生い茂る山と どこまでも透明な海が広がる楽園・奄美大島で、 伸び伸びと暮らすねこと穏やかに暮らす人々に会いに行きました。 自然と人とねこに優しくなれる島・奄美大島へ「いもーれ!」。

詳細を見る
1、4、7、10月の 各12日発売