ねことここちよく暮らす

世界のねこ図鑑

No.036
起源 : 
1880年
体重 : 
3.5~6kg
原産国 : 
イギリス
気質 : 
ややきつい性格
手入れ : 
長毛の美しさを保つためにシャンプーが大切
発生型 : 
人為的発生
原種 : 
スモークとシルバータビーのペルシャ猫の交配

No.036 チンチラ

◎ 歴史
シルバー種のルーツは1880年代のはじめ、イギリスのバレンス女史によりスモーク(毛の上半分に色がある)とシルバー・タビー(縞模様)のペルシャ猫が交配され、そこから生まれたメス猫を基礎にして、選択交配が繰り返され、縞模様を少なくすることで毛先にだけ色があるチンチラシルバーが作出された。最初のシルバーの猫は「シルバーラムキン」という有名なオス猫で、17歳の長寿をまっとうして、ロンドンの自然博物館の剥製になって展示されている。アメリカに渡ったのは1900年代のはじめで、またたくまに人気を得た。一般には「チンチラ」の呼び名で知られて日本で人気の高い毛色だが、専門的にはペルシャ猫の毛色の部門のひとつでシェーデット(影のある毛色)部門となる。
◎ 特徴
チンチラの最大の魅力は、黒いアイラインに縁取りされた、エメラルドグリーンに輝くまん丸で大きな目である。顔の特徴は、丸くて幅広い頭に小さい耳、短い鼻で、眉間に窪みがあり、鼻鏡には黒い縁取りがある。身体は、肩幅が広く短い胴体で、首は太くて短く、足も尾も短い正方形の体形。毛色は、毛先だけ黒色が付いているのが特徴。カラーバリエーションはゴールデン、シルバー、シェーデットなどがある。長い被毛が体全体を飾り、特に襟巻の毛はゴージャス。性格はおっとりしているが 繊細な一面もある。
(出展)弊社ネコ・パブリッシング発行「フォーグル博士のCATS」より抜粋
  • SNSでシェア:
『ねこ』 #103 (2017年8月号)
最新号 「南の楽園・奄美大島のねこ」

世界自然遺産登録を目指す奄美大島。亜熱帯の木々が生い茂る山と どこまでも透明な海が広がる楽園・奄美大島で、 伸び伸びと暮らすねこと穏やかに暮らす人々に会いに行きました。 自然と人とねこに優しくなれる島・奄美大島へ「いもーれ!」。

詳細を見る
1、4、7、10月の 各12日発売