ねことここちよく暮らす

世界のねこ図鑑

No.035
起源 : 
18世紀以前
体重 : 
3~8.5kg
原産国 : 
トルコのバン湖地方
気質 : 
冷静沈着
手入れ : 
適度に必要
祖先 : 
飼い猫
異種交配種 : 
なし

No.035 ターキッシュ・バン

◎ 歴史
近代以降のこの猫種の歴史は、1955年、2匹の猫が英国に持ち込まれた時から始まった。この猫種はヨーロッパ中に広がったが、猫種登録団体に認められるまでには時間がかかった。1982年に米国に持ち込まれ、CFAとTICAに認定される。GCCFでは、レッドとクリームだけを認めている。他の団体ではブラックを基本とする色も認めている。
◎ 特徴
柔らかな被毛と、大きくて丸い眼を持つこの猫種は、フワフワとした理想的な抱き猫のように思われるでしょう。しかし、ターキッシュ・バンは、過酷な生存競争のもとで生きてきた田舎の猫の血を引き、その性格を受け継いでいる。この猫種には他とは異なる2つの特徴がある。1つは被毛の色が限られていること。非常に特徴的なパターンなので、他の猫種でもバン・パターンと呼ばれている。もう1つは暑い夏には泳ぎを楽しむといわれていることで、トルコでは「スイミング・キャット」という名でも知られている。
(出展)弊社ネコ・パブリッシング発行「フォーグル博士のCATS」より抜粋
  • SNSでシェア:
『ねこ』 #103 (2017年8月号)
最新号 「南の楽園・奄美大島のねこ」

世界自然遺産登録を目指す奄美大島。亜熱帯の木々が生い茂る山と どこまでも透明な海が広がる楽園・奄美大島で、 伸び伸びと暮らすねこと穏やかに暮らす人々に会いに行きました。 自然と人とねこに優しくなれる島・奄美大島へ「いもーれ!」。

詳細を見る
1、4、7、10月の 各12日発売