ねことここちよく暮らす

世界のねこ図鑑

No.033
起源 : 
1963年
体重 : 
3.5~5.5kg
原産国 : 
カナダと米国
気質 : 
静かだが外向的
手入れ : 
適度に必要
原種 : 
アビシニアン
異種交配種 : 
なし

No.033 ソマリ

◎ 歴史
原種となるアビシニアンは、1940年代ブリーダーのジャネット・ロバートソンによって北米、オーストラリアに輸出された。アビシニアンの子孫から、時々、毛がふわふわした色の濃い子猫が生まれることがあり、1960年代にカナダのブリーダー、ケン・マクギルが正式なソマリ第1号を作りだした。マクギルの猫を使って、1970年代後半にこの猫種は北米で認定された。ソマリは1980年代にはヨーロッパに渡り、1991年までに世界中で公認された。
◎ 特徴
ふさふさした尾、アーチ型の背中、この猫は世界で最も人気のある新種の1つ。短毛のアビシニアン同様、ソマリもティックドの被毛を持っている。ボディの被毛1本1本に3~12本の色の帯が入っている。この色の帯は地色よりも濃く、被毛が豊かになる時期には光沢のある輝きを発する。印象的な顔のマーキングは、まるで役者のアイラインのよう。生まれつきのハンターで、屋外での活動を好む。
(出展)弊社ネコ・パブリッシング発行「フォーグル博士のCATS」より抜粋
  • SNSでシェア:
『ねこ』 #103 (2017年8月号)
最新号 「南の楽園・奄美大島のねこ」

世界自然遺産登録を目指す奄美大島。亜熱帯の木々が生い茂る山と どこまでも透明な海が広がる楽園・奄美大島で、 伸び伸びと暮らすねこと穏やかに暮らす人々に会いに行きました。 自然と人とねこに優しくなれる島・奄美大島へ「いもーれ!」。

詳細を見る
1、4、7、10月の 各12日発売