ねことここちよく暮らす

世界のねこ図鑑

No.029
起源 : 
1966年
体重 : 
3.5~7kg
原産国 : 
北米とヨーロッパ
気質 : 
いたずら好き
手入れ : 
適度に必要
異種交配種 : 
デボン・レックス
原種 : 
長毛種の雑種

No.029 スフィンクス

◎ 歴史
最初のスフィンクスは1966年に生まれた「プルーン」という名の猫だったが、この血統は途絶えた。1978年、カナダのトロントで長毛の親猫と無毛の子猫が拾われる。子猫には生殖能力がなかったが、母猫はその後も無毛の子猫を何匹か産んだ。そのうちの2匹がヨーロッパに輸出され、1匹はデボン・レックスと掛け合わされ、無毛の子猫が生まれた。E.T.というニックネームを付けられたもう1匹は、ニューヨークのヴィッキ&ピーター・マークスタイン夫妻に引き取られ、こちらもデボン・レックスと交配した。現在スフィンクスを公認している団体はTICAだけで、他の多くの団体は、無毛は健康を害するおそれがあるとして公認していない。英国では、スフィンクスの遺伝子がデボン・レックスの血統に入り込むのを防ぐため、GCCFはこの猫種を登録している。
◎ 特徴
スフィンクスは無毛といっても全く毛がないわけではなく、セーム皮やスエードのような手触りの、桃の実の綿毛のように短く柔らかい産毛に覆われている。外気から身を守る被毛がないため、暑さにも寒さにも弱く、屋内で飼う必要がある。空洞になった毛嚢には皮脂腺があるが、皮脂を吸い取る体毛がないので、セーム皮で毎日こすってやる必要がある。スフィンクスの愛好家たちは、この猫種の献身的で陽気な性質が、無毛という人目を引く特徴と同じくらいにかけがえのないものだと思っているようだ。
(出展)弊社ネコ・パブリッシング発行「フォーグル博士のCATS」より抜粋
  • SNSでシェア:
『ねこ』 #103 (2017年8月号)
最新号 「南の楽園・奄美大島のねこ」

世界自然遺産登録を目指す奄美大島。亜熱帯の木々が生い茂る山と どこまでも透明な海が広がる楽園・奄美大島で、 伸び伸びと暮らすねこと穏やかに暮らす人々に会いに行きました。 自然と人とねこに優しくなれる島・奄美大島へ「いもーれ!」。

詳細を見る
1、4、7、10月の 各12日発売