ねことここちよく暮らす

世界のねこ図鑑

No.028
起源 : 
1960年代
体重 : 
2.5~5.5kg
原産国 : 
米国
気質 : 
活発で人なつこい
別名 : 
なし
原種 : 
シャム、アメリカン・ショートヘア
異種交配種 : 
ユーメラニン・ソリッドのシャム、伝統的なユーメラニン・ソリッドとバイカラーのアメリカン・ショートヘア

No.028 スノーシュー

◎ 歴史
1960年代、フィラデルフィアに住む、ブリーダー、ドロシー・ヒンズ・ドアティは、自分のシャムとアメリカン・ショートヘアの交配を始めた。その結果できた雑種は、当初、シャムのブリーダーから抗議を受けた。彼らは、何十年も前に根絶したスポッティングという初期の欠点が、再びシャムの血統に入り込むことを恐れたのである。美しいポイント模様は今でこそ多数の猫種で認められているが、当時はシャムのトレードマークだった。スノーシューは、TICAによって認定される1980年代まで、ほとんど知られていなかった。それ以降広く人気が出ているが、まだまだ珍しい猫種で、他の主要な猫種登録団体では公認されていない。
◎ 特徴
その特徴である白いミトンから名付けられたこの猫種は、シャムのポイント模様とホワイトのスポッティングを合わせた、美しいホワイトのポー(足指)をしている。ホワイトが制限されたミテッドと、顔とボディにホワイトの多いバイカラーの2つのパターンがある。ホワイトのミトンはおそらくアメリカン・ショートヘアかシャムから受け継がれたものである。ホワイトの爪先は初期のシャムではよく知られた欠点だった。スノーシューは社交的で愛情深く、やさしい鳴き声のおしゃべりな猫である。
(出展)弊社ネコ・パブリッシング発行「フォーグル博士のCATS」より抜粋
  • SNSでシェア:
『ねこ』 #103 (2017年8月号)
最新号 「南の楽園・奄美大島のねこ」

世界自然遺産登録を目指す奄美大島。亜熱帯の木々が生い茂る山と どこまでも透明な海が広がる楽園・奄美大島で、 伸び伸びと暮らすねこと穏やかに暮らす人々に会いに行きました。 自然と人とねこに優しくなれる島・奄美大島へ「いもーれ!」。

詳細を見る
1、4、7、10月の 各12日発売