ねことここちよく暮らす

世界のねこ図鑑

No.022
起源 : 
18世紀以前
体重 : 
2.5~5.5kg
原産国 : 
タイ
気質 : 
活発で、冒険心に富む
手入れ : 
ほとんど必要なし
原種 : 
飼い猫、寺院の猫
異種交配種 : 
なし
別名 : 
ロイヤル・キャット・オブ・シャム

No.022 シャム

◎ 歴史
起源は、500年以上も前にアジアで起こった突然変異にさかのぼり、その後、この突然変異が広がっていったと思われる。18世紀の後半には博物学者のパラスが、白のボディに濃い色の耳と足と尾を持った中央アジアの猫について記録を残している。一方、タイでは、この猫は仏教の僧侶と王族に大切にされていた。19世紀後半には西欧に渡り、1871年には英国のショーに登場している。もともとシャムにはソリッド・カラーも存在したが、これらの色を持つ種類は現在ではオリエンタル・ショートヘアと呼ばれている。
◎ 特徴
おそらく世界で最も知名度の高い猫種であり、同時に最も論議を呼ぶ猫でもある。最初のシャムは、たいていが目は内斜視で、尾が曲がっていた。初期のスタンダードでは、これらの特徴に加えて「短かめの」足が必要とされていた。その後、選択繁殖によりシャムは大きく変化する。現在では内斜視の目と曲がった尾はほとんど見られないが、たまに現れると重大な欠点とみなされる。しかし、シャムの体型をめぐっては様々な議論がある。GCCFのシャムはほっそりしたボディ、細長い足、目尻の上がった目と細い口先の長い頭を持っている。しかし、北米のシャムはこれらの特徴をもっと極端にした容姿をしている。ご存じのとおりシャムは社交的でよく鳴く猫だ。
(出展)弊社ネコ・パブリッシング発行「フォーグル博士のCATS」より抜粋
  • SNSでシェア:
『ねこ』 #103 (2017年8月号)
最新号 「南の楽園・奄美大島のねこ」

世界自然遺産登録を目指す奄美大島。亜熱帯の木々が生い茂る山と どこまでも透明な海が広がる楽園・奄美大島で、 伸び伸びと暮らすねこと穏やかに暮らす人々に会いに行きました。 自然と人とねこに優しくなれる島・奄美大島へ「いもーれ!」。

詳細を見る
1、4、7、10月の 各12日発売