ねことここちよく暮らす

世界のねこ図鑑

No.017
起源 : 
1950年代
体重 : 
2.5~4.5kg
原産国 : 
英国
手入れ : 
ほとんど必要なし
気質 : 
大胆で、軽業師のようにすばしっこい
原種 : 
農家の猫
異種交配種 : 
なし
別名 : 
なし

No.017 コーニッシュ・レックス

◎ 歴史
1950年、英国のコーンウォール州の農家でカリバンカーという名の縮れ毛の雄猫が生まれた。飼い主のニーナ・エニスモアは、この子猫がウサギに起こる「レックス」の突然変異に似ていることに気づいた。カリバンカーと母猫とを交配したところ、劣性であることが分かった。カリバンカーの子孫たちは、ブリティッシュ・ショートヘアやバーミューズと交配された。1957年、コーニッシュレックスが米国に渡ると、そこにはオリエンタル・ショートヘアとシャムの血が導入された。ドイツでも、コーニッシュ・レックスとよく似たレックス種が確認された。
◎ 特徴
外向的な性格と、曲線的で美しい体型、そして洗濯板のようにウェーブのかかった被毛を持つコーニッシュ・レックスは、キャットショーの人気者である。被毛は、ガードヘアがなく、ビロードのように典雅で滑らかな肌触りをしている。また、外貌も独特。体に比べて小さい頭の上に、極端に大きな耳が高々と伸びており、アーチ状のボディがほっそりと引き締まった脚に支えられている。被毛については、英国の猫でも米国の猫でも変わるところはないが、体つきには少し違いが見られる。英国の猫は米国の兄弟種と比べて、見た目が優美である。一方、米国の猫は胴体の付け根がキュッと引き締まっていて、その機微な動きと相まって、競争犬の猫版のような印象を与える。まるでオリンピックの跳躍の選手のように、床から飼い主の肩まで飛び跳ねて愛敬を振りまいてくれる猫種である。
(出展)弊社ネコ・パブリッシング発行「フォーグル博士のCATS」より抜粋
  • SNSでシェア:
『ねこ』 #103 (2017年8月号)
最新号 「南の楽園・奄美大島のねこ」

世界自然遺産登録を目指す奄美大島。亜熱帯の木々が生い茂る山と どこまでも透明な海が広がる楽園・奄美大島で、 伸び伸びと暮らすねこと穏やかに暮らす人々に会いに行きました。 自然と人とねこに優しくなれる島・奄美大島へ「いもーれ!」。

詳細を見る
1、4、7、10月の 各12日発売