ねことここちよく暮らす

世界のねこ図鑑

No.014
起源 : 
1971年
体重 : 
4~8kg
原産国 : 
米国
気質 : 
穏やかで社交的
手入れ : 
ほとんど必要なし
異種交配種 : 
なし
原種 : 
アビシニアン、シャム、ブリティッシュ・ショートヘア、アメリカン・ショートヘア、マンクス、ロングヘア、アフリカの野良猫、アジアの野良猫

No.014 カリフォルニア・スパングルド

◎ 歴史
カリフォルニアのポール・ケーシーが、ヤマネコの血統を入れることなく、スポットのある野性的な風貌の猫を生み出そうとして作出した猫種である。彼は、アジアやエジプトのカイロから連れてきた雑種の猫と純血種の猫を使って、自分の求める猫を生み出した。市場に送りだされたのは1986年のことで、デパートの商品カタログという、他のブリーダーたちにはあまり好まれない手段で発表された。「スパングルド」とは、スポッテッドを意味する鳥類学用語である。バラ模様とリング模様の入った被毛は、オセロットやマーゲイ、あるいはジャガーによく似ている。今のところ、この猫種は米国でもその他の地域でも広く知られているとはいえない。
◎ 特徴
社交的で活動的、頑丈で筋肉質の猫である。ボディは細長く引き締まっているが、サイズの割りに驚くほど重量がある。丸みのある頭部は小型のヤマネコを連想させる。密生したダブルコートはヒョウの模様をまねて作り出されたもの。カリフォルニア・スパングルドの野性的な外貌は、ネコ科動物に見られる被毛の多様性がイエネコでも失われていないことを物語っている。計画的な交配によって生み出された子猫は、出生時には顔、脚、下腹部を除く全身が黒く、成長すると希少種のアフリカン・キング・チーターによく似た被毛に生えかわる。
(出展)弊社ネコ・パブリッシング発行「フォーグル博士のCATS」より抜粋
  • SNSでシェア:
『ねこ』 #104 (2017年11月号)
最新号 「京都のねこ」

今号は久しぶりに秋の京都へ。風情溢れる街並みを 観光で賑わう人々の合間をぬって、ねこを探して歩きます。 おっと、いきなり美猫に遭遇。ねこが似合う街・京都で かわいいねことの出会いに胸がワクワクしてきます。

詳細を見る
1、4、7、10月の 各12日発売