ねことここちよく暮らす

世界のねこ図鑑

No.011
起源 : 
1964年
体重 : 
2.5~6.5kg
原産国 : 
米国
気質 : 
社交的で、反応が速い
手入れ : 
ほとんど必要なし
別名 : 
オシ
原種 : 
シャム、アビシニアン、アメリカン・ショートヘア
異種交配種 : 
なし

No.011 オリエンタル・ショートヘア

◎ 歴史
この猫種は幸運な偶然によって出現した。米国のミシガン州に住んでいたヴァージニア・デリーが、アビー・ポインテッドのシャムを作出しようとして、シャムとアビシニアンを交配した。生まれてきた子猫はアビシニアンのような外貌をしていたが、そのうちの1匹をさらにシャムと交配してみると、アビー・ポインテッドのシャムの他に1匹だけ風変わりなスポット模様のある子猫が生まれ、この猫がオセロットに似ているので、「オシキャット」と呼んだ。この最初のオシキャットは去勢されて、ペットとして売却されたが、その後も同じ交配が繰り返され、稀少なこの猫種の原型となる雌猫、ダライ・タルアが生まれた。その後、トム・ブラウンというブリーダーが協力し、アメリカン・ショートヘアの血を導入して、1986年初めてTICAに公認された。
◎ 特徴
風変わりなスポット模様の入った、新しい猫種で、シャムとアビシニアンの特徴を見事に併せ持っている。遊び好きで好奇心が強く、人間の膝の上が大好きなオシキャットは、社交的でしつけやすい猫だが、長時間ひとりぼっちにされるのを嫌がる。体は筋肉質で頑丈、雄は雌よりもかなり大きくなる。そして、最も目立つ特徴は、被毛のスポット模様だ。スポットの分布はクラシック・タビーと同じで、横腹の中心辺りで渦を巻いている。ショーに出すなら、スポットは明瞭でなければならない。
(出展)弊社ネコ・パブリッシング発行「フォーグル博士のCATS」より抜粋
  • SNSでシェア:
『ねこ』 #105 (2018年2月号)
最新号 「上野~谷根千のねこ」

今号は、“ねこの聖地”ともいわれている谷中やレトロな街並みが楽しめる根津、千駄木と、パンダ誕生で賑わう“上野”を訪ねました。上野~谷根千は都内でも有数の散歩スポット。歴史あるお寺や神社、公園などが数多く、ねこにまつわるお店も多数。さらに、細い路地やお寺の境内では悠々と歩くねこの姿を見ることもできます。ねこ好きにはたまらない上野~谷根千エリアでのんびりねこ散歩を楽しみましょう。

詳細を見る
1、4、7、10月の 各12日発売