ねことここちよく暮らす

世界のねこ図鑑

No.010
起源 : 
1950年代
体重 : 
2.25~5kg
原産国 : 
エジプト、イタリア
気質 : 
人なつこく、賢い
手入れ : 
ほとんど必要なし
異種交配種 : 
なし
原種 : 
エジプトの野良猫、イタリアのイエネコ

No.010 エジプシャン・マウ

◎ 歴史
イエネコはすべて古代エジプトの猫の血を引いている。その中でもおそらくマウは最も原種に似ている猫種である。亡命ロシア人、ナタリー・トルベツコイが、カイロの野良猫のスポッテッド模様を気に入り、雌猫を1匹イタリアに輸入して地元の雄猫と掛け合わせた。生まれてきた子猫は、1956年に彼女が米国を訪れた時に猫種登録され、翌年にはショーに出品された。1977年にはCFAから公認され、TICAのショーにも出たが、ヨーロッパではまだほとんど知られていない。英国では、オリエンタル・スポッテッド・タビーがエジプシャン・マウと混同されがちである。
◎ 特徴
「マウ(mau)」とはエジプトの言葉で「猫」のことである。体も顔も極端にならない中庸の外形をしており、被毛はブラウンの地色にスポットの模様が入っている。ただし、眼だけは古代の猫と違う。昔のマウは野性的な眼をしているが、現代のマウの眼は大きくて丸みがあり、心配そうな顔つきである。しかし、この頼りない表情は見かけだけで、本当は「声高に鳴く」癖のある、祖先から受け継いだ独立心旺盛な性質を特徴とした、活発で社交的な猫なのである。
(出展)弊社ネコ・パブリッシング発行「フォーグル博士のCATS」より抜粋
  • SNSでシェア:
『ねこ』 #104 (2017年11月号)
最新号 「京都のねこ」

今号は久しぶりに秋の京都へ。風情溢れる街並みを 観光で賑わう人々の合間をぬって、ねこを探して歩きます。 おっと、いきなり美猫に遭遇。ねこが似合う街・京都で かわいいねことの出会いに胸がワクワクしてきます。

詳細を見る
1、4、7、10月の 各12日発売