ねことここちよく暮らす

世界のねこ図鑑

No.009
起源 : 
1860年代
体重 : 
4~7.5kg
原産国 : 
エチオピア
気質 : 
人の注意を引きたがる
祖先 : 
エチオピアの飼い猫、野良猫
手入れ : 
ほとんど必要なし
異種交配種 : 
なし

No.009 エキゾチック・ショートヘア

◎ 歴史
最初のアビシニアンは1868年のアビシニア戦争後に、アビシニア(現在のエチオピア)から英国に持ち込まれた。この最初のアビシニアンと古代エジプトの猫の絵には共通点が多いと言われている。1882年に公認されたこの猫種は、20世紀初め英国で絶滅の危機に瀕すが、1930年代までには米国とフランスで猫種としての地位を確立した。スタンダードは国によって異なり、ヨーロッパのスタンダードはフォーリン型が好まれ、色の種類も豊富。
◎ 特徴
この猫種の半透明ともいえる被毛は一番最初に注目を集めたアビシニアンの遺伝子によるものである。これによって毛の1本1本の薄い地色に何本かの濃い色の帯が均等に入り、素晴らしいティックドの被毛が作られた。
アビシニアンの耳には、カラカルのようなタフト(ふさふさした細い毛束)が生えている場合があり、印象的な容姿を際立たせている。無口な猫種だが、大人しいというわけではない。人なつっこく、遊び好き。
動くことが大好きで、カーテンや人間、木など何でもよじ登って探索する。
先天性の網膜委縮症(犬に多い視覚障害)を発症する場合がある。
(出展)弊社ネコ・パブリッシング発行「フォーグル博士のCATS」より抜粋
  • SNSでシェア:
『ねこ』 #103 (2017年8月号)
最新号 「南の楽園・奄美大島のねこ」

世界自然遺産登録を目指す奄美大島。亜熱帯の木々が生い茂る山と どこまでも透明な海が広がる楽園・奄美大島で、 伸び伸びと暮らすねこと穏やかに暮らす人々に会いに行きました。 自然と人とねこに優しくなれる島・奄美大島へ「いもーれ!」。

詳細を見る
1、4、7、10月の 各12日発売