ねことここちよく暮らす

世界のねこ図鑑

No.059
起源 : 
1960年代
体重 : 
4.5~9kg
原産国 : 
米国
気質 : 
優しく、のんびりしている
手入れ : 
適度に必要
原種 : 
不明
異種交配種 : 
なし
別名 : 
なし

No.059 ラグドール

◎ 歴史
ラグドールは比較的新しい猫種だが、その歴史は複雑だ。1960年代にカリフォルニアのブリーダー、アン・ベーカーが、ジョセフィーヌという、おそらく雑種の白い長毛種の猫とダディ・ウォーバックスというバーマンかバーマン・タイプの雄猫を交配させて最初のラグドールを作出した。彼女は猫種クラブを設立したが、他のクラブはこのラグドールを認めなかった。その後、他のブリーダーたちが彼女のラグドールを品種改良し、今日、主要な猫種登録団体が認めている猫種を作り出した。室内向きの穏やかな猫を求める声が、ラグドールを生み出した。現在も、似たような猫種が開発されているが、いずれも同じように温もりを感じさせる名前が付いている。
◎ 特徴
穏やかな気質で知られるラグドール。中くらいの長さの被毛は柔らかな手ざわりで、ロングヘアのようにもつれやすくはない。本来ポイントのある猫だが、生まれた時は白く、2年以上かかってゆっくりと色とパターンが発達する。性格はおとなしい。褒美を与えれば訓練にも適応し、爪研ぎ器を使わせるのも簡単だ。
(出展)弊社ネコ・パブリッシング発行「フォーグル博士のCATS」より抜粋
  • SNSでシェア:
『ねこ』 #103 (2017年8月号)
最新号 「南の楽園・奄美大島のねこ」

世界自然遺産登録を目指す奄美大島。亜熱帯の木々が生い茂る山と どこまでも透明な海が広がる楽園・奄美大島で、 伸び伸びと暮らすねこと穏やかに暮らす人々に会いに行きました。 自然と人とねこに優しくなれる島・奄美大島へ「いもーれ!」。

詳細を見る
1、4、7、10月の 各12日発売