ねことここちよく暮らす

世界のねこ図鑑

No.052
起源 : 
1980年代
体重 : 
2.25~4kg
原産国 : 
米国
気質 : 
かわいらしく、好奇心旺盛
祖先 : 
飼い猫
手入れ : 
ほとんど必要なし
異種交配種 : 
飼い猫
別名 : 
なし

No.052 マンチカン

◎ 歴史
多くの種に矮小(たけが低く、小さいこと)の固体が生じるが、猫も例外ではない。マンチカンは1983年、ルイジアナで突然変異によって生まれた。ブリーダーがこの突然変異体と雑種の猫との異種交配を始めると、論争が巻き起こった。1995年にTICAがマンチカンを「新種」として認めたが、主要な団体でこの猫種を設定しているのはTICAだけで、そのスタンダードは現在でもきわめて大雑把なものになっている。他の純血種のブリーダーたちからは、自分たちの猫種に矮小種が出現することを心配する声が上がっている。その希少価値は否定できないし、目新しさを追い求めるブリーダーもいるかもしれない。しかしTICAのスタンダードは、他のどんな純血種との異種交配もはっきりと禁じている。
◎ 特徴
マンチカンの矮小は障害の原因とはならない、とブリーダーたちは言うが、この足の短い猫は、かつてない論争を巻き起こしている。被毛は、短毛タイプと長毛タイプがある。厳密な健康チェックを行った上で繁殖を行い、猫種として認められているが、いまだにマンチカンを「猫らしくない」と感じるブリーダーも数多くいる。遊び好きの性格はまぎれもなくネコ科のものだが、この猫の構造が根本的に普通の猫とは違うことも否定できない。
(出展)弊社ネコ・パブリッシング発行「フォーグル博士のCATS」より抜粋
  • SNSでシェア:
『ねこ』 #103 (2017年8月号)
最新号 「南の楽園・奄美大島のねこ」

世界自然遺産登録を目指す奄美大島。亜熱帯の木々が生い茂る山と どこまでも透明な海が広がる楽園・奄美大島で、 伸び伸びと暮らすねこと穏やかに暮らす人々に会いに行きました。 自然と人とねこに優しくなれる島・奄美大島へ「いもーれ!」。

詳細を見る
1、4、7、10月の 各12日発売