ねことここちよく暮らす

世界のねこ図鑑

No.051
起源 : 
18世紀以前
体重 : 
3.5~5.5kg
原産国 : 
マン島
気質 : 
穏やかで冷静
祖先 : 
飼い猫
異種交配種 : 
なし
別名 : 
なし

No.051 マンクス

◎ 歴史
マンクスはマン島で生まれた。普通、尾がなくなる突然変異は、多数の猫の中にいれば淘汰されてしまうが、島の猫のように隔離された集団の中では残る可能性がある。マンクスやジャパニーズ・ボブテイルが生まれたのはこのためだ。昔のマンクスは、今の猫より手足が長かったのだが、現在は丸い体型を作るために品種改良されている。マンクスは19世紀の後半から英国のショーに現れ、1899年には北米のショーにも進出し、1920年代にCFAによって公認された。
◎ 特徴
この猫種の外貌の最大の特徴は尾がないことだが、「うさぎのように飛び跳ねる」歩き方も独特である。マンクスを一言で表現するなら「丸い」だろう。丸い体、丸い眼、丸いお尻、丸い頭、丸いポー。成長の遅いマンクスにはたくさんの色と模様があるが、ランピー(脊柱の根元に窪みがあるだけで尾がまったくない)、スタンピー(短い尾)、テイリー(曲がっているのが常態の尾)に分類される。スタンピーもテイリーも控えめで人なつこい性格の素晴らしい飼い猫だが、ショーキャットはすべてランピーである。
(出展)弊社ネコ・パブリッシング発行「フォーグル博士のCATS」より抜粋
  • SNSでシェア:
『ねこ』 #103 (2017年8月号)
最新号 「南の楽園・奄美大島のねこ」

世界自然遺産登録を目指す奄美大島。亜熱帯の木々が生い茂る山と どこまでも透明な海が広がる楽園・奄美大島で、 伸び伸びと暮らすねこと穏やかに暮らす人々に会いに行きました。 自然と人とねこに優しくなれる島・奄美大島へ「いもーれ!」。

詳細を見る
1、4、7、10月の 各12日発売