ねことここちよく暮らす

世界のねこ図鑑

No.002
起源 : 
1981年代
体重 : 
3〜5kg
原産国 : 
米国
気質 : 
おとなしく、人なつっこい
祖先 : 
米国の飼い猫
手入れ : 
ほとんど必要なし
異種交配種 : 
なし

No.002 アメリカン・カール

◎ 歴史
ここ10年来、猫は米国で一番人気のあるペットであり、カリフォルニアでは意欲的な品種改良が行われてきた。この新しい猫種は、遺伝子の突然変異によって生まれた、黒い長毛の雌の迷子猫が始まり。この猫が生んだ子猫の半数にも、同じ変異が現れたので優性遺伝形質であることが分かり、子猫たちは交配のために振り分けられた。アメリカン・カールは、長毛種も短毛種もすべてこの母猫とその子猫たちの戻し交配から生まれたもので、この2つは被毛のスタンダードだけが異なる。
◎ 特徴
この優雅な猫種には、長毛種と短毛種の2種類がある。もともとアメリカン・カールはすべて長毛なので、短毛のアメリカン・カール作出には時間がかかった。長毛の遺伝子を隠し持った短毛のアメリカン・カールが長毛の子猫を生むことがよくあるのである。ブリーダーにとって耳のカールの度合は最も重要で、3段階に格付けされている。後ろに反り返った耳を持った猫(第1段階)は家庭用の飼い猫となり、もっとカールした猫(第2段階)は交配に使われ、完全な三日月形の耳を持つ猫(第3段階)はショーに出される。
(出展)弊社ネコ・パブリッシング発行「フォーグル博士のCATS」より抜粋
  • SNSでシェア:
『ねこ』 #103 (2017年8月号)
最新号 「南の楽園・奄美大島のねこ」

世界自然遺産登録を目指す奄美大島。亜熱帯の木々が生い茂る山と どこまでも透明な海が広がる楽園・奄美大島で、 伸び伸びと暮らすねこと穏やかに暮らす人々に会いに行きました。 自然と人とねこに優しくなれる島・奄美大島へ「いもーれ!」。

詳細を見る
1、4、7、10月の 各12日発売